MENU

3種類の有効成分意外に80種類もの成分を配合している

チャップアップは医薬部外品ということで前のページでも説明した通り、厚生労働省が効果を認めた有効成分を配合しています。

 

しかし、実際に育毛に直接的に関係がある成分というのはセンブリエキスだけで、それ以外のグリチルリチン酸やジフェンヒドラミンHCは頭皮の炎症等を抑え頭皮環境を整えることがメインの成分となっています。

 

そう考えると、育毛効果はあまり期待できないようにも感じてしまいますがチャップアップには3種の有効成分意外にも80種類もの育毛効果に期待が出来る有効成分が配合されています。

 

この配合されている成分が80種類というのは他の成分と比較してもかなり多いです。実際に他の育毛剤がどれぐらい成分を配合しているのか比較してみました。

 

育毛剤名 成分数
チャップアップ 80種類
ブブカ 31種類
リアップ 4種類
ポリピュアEX 16種類
ナノインパクト 39種類
LPLP薬用育毛エッセンス 11種類
M-1ミスト 6種類
プランテル 10種類
イクオス 61種類
フィンジア 25種類
ボストンスカルプエッセンス 31種類
Deeper3D 63種類

 

上記の配合されている成分数を比較すると、チャップアップに配合されている成分数が圧倒的に多いことがわかります。

 

では、実際にチャップアップに配合されている成分にはどのような効果があるのかを調べてみました。

 

頭皮の皮脂を抑える3種類の成分

皮脂が過剰に分泌されることによって、毛穴のつまりやふけ、抜け毛の原因になってしまうのですがチャップアップには皮脂の過剰分泌を抑制する働きがある成分が配合されています。

 

頭皮の硬化を改善する3種類の成分

頭皮が固くなってしまうと頭皮の血流が悪くなってしまい、髪の成長に必要な栄養素を樹分に運ぶ事が困難になってしまい、抜け毛の原因となってしまいます。又、頭皮の硬化は育毛剤の毛穴への浸透を阻害してしまうので頭皮の硬化改善を目的とした成分が配合されています。

 

血流改善を促す20種類の成分

健康で太くしっかりとした髪の毛をつくるには毛乳頭にたくさんの栄養が必要です。その栄養は頭皮の毛細血管から運ばれるのですが、血流が悪いと栄養が髪の毛に上手く運ばれないため健康で太い髪の毛を作ることは出来ません。だから、血流改善を促す成分を配合することで髪に必要な栄養素をしっかりと届けます。

 

 

5αリダクターゼの生成を抑制する8種類の成分

5αリダクターゼとは体内に存在する酵素の一種で、この酵素が男性ホルモンと結びつくことでジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変換され、正常な髪の毛の成長が妨げます。これが男性型脱毛症の中で一番の原因であると言われています。チャップアップにはこの5αリダクターゼが体内で生成されるのを抑制する成分が配合されており、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンになるのを防ぎます。

 

 

頭皮環境を改善する17種類の成分

天然由来の成分を配合することで血管や肌をきめ細かにしたり、保湿することで頭皮に潤いを与えて頭皮環境を整え、健康的な髪の毛を生やす土壌を整えてくれます。

 

 

15種類のアミノ酸成分

髪の毛は『ケラチン』というタンパク質で出来ています。このケラチンは18種類のアミノ酸が結合した成分なのですが、髪の毛の99%がこのケラチンで構成されています。そして、アミノ酸が不足するとケラチンを生成することが出来なくなり、細く弱々しい髪の毛しか作れなくなってしまいます。このケラチンの不足を補う為にチャップアップには15種類のアミノ酸が配合されています。

 

頭皮環境に役立つ?11種類の成分

この成分に関しては個人的には育毛に効果があるのかは微妙なところだと思います。恐らく、フルーツに配合されている成分が関係しているのだとは思うのですが効果の部分に案しては正直謎です・・・。

 

アデノシン3リン酸の生成を促す3種類の成分

アデノシン3リン酸とは分かりやすくいうと、エネルギーのことです。このアデノシン3リン酸は発毛因子を活性化し育毛を促進する効果があるのですが、冬虫夏草やトマト、ヘマチンを配合することでアデノシン3リン酸の生成を促し育毛に繋げてくれます。