MENU

チャップアップは医薬部外品だからこそ薄毛予防・育毛にいい!

チャップアップは医薬部外品だからこそ薄毛予防・育毛にいい!

 

チャップアップは医薬部外品として厚生労働省から認可を受けている育毛剤なので、薄毛の予防や育毛に有効な成分が配合されています。

 

しかも、医薬品の育毛剤とは違って副作用の心配や購入する上での規制がなく、安全性が認められているので薄毛の予防や育毛を初めて行う私のような育毛初心者に向いています。

 

医薬部外品とは?

 

ヘアケア用品をはじめとしてスキンケア用品は医薬品、医薬機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(いわゆる薬事法)によって『医薬品』、『医薬部外品』、『化粧品』の3種類のうちのどれかに分類されます。

 

『医薬品』とは《治療》を目的とした“薬”のことで、厚生労働省が配合している有効成分の効果・効能を認めており、医師などに処方してもらう「医療用医薬品」と薬局やドラッグストアなどで市販されている「一般用医薬品」があります。

 

『医薬部外品』とは厚生労働省が効果・効能を認めた成分が配合されているものの、使用目的としては《治療》ではなく《予防・改善》に近いイメージです。

 

『化粧品』とは《清潔・衛生》を目的として使用するもので、医薬品や医薬部外品のように効果・効能が認められていないので、公式サイトやパッケージなどに効果・効能等の表記をすることが出来ません。

 

そして、医薬品・医薬部外品・化粧品の3つを効果・効能がある順に並べると以下のようになります。

 

[医薬品>医薬部外品>化粧品]

 

 

この中で、チャップアップは医薬部外品に分類される育毛剤です。つまり、チャップアップは医薬品の育毛剤よりも“効果”という面では劣ってしまうことになるのですが、育毛に関しては医薬品育毛剤よりも医薬部外品育毛剤を使うべきなのです。

 

医薬品より医薬部外品の育毛剤の方がいい!

チャップアップは医薬部外品だからこそ薄毛予防・育毛にいい!

 

一般的に考えてみると、医薬品の育毛剤と医薬部外品の育毛剤ではより効果が期待できる医薬品育毛剤の方が良いと考える人がほとんどだと思います。

 

例えば、日本で一番有名は医薬品育毛剤は大正製薬から販売されている『リアップ』という育毛剤です。リアップは医薬部外品ではなく医薬品なので「育毛効果」ではなく、「発毛効果」が認められており、テレビCMや公式サイトなどで「日本で唯一の発毛剤」という部分を最大限に宣伝しており、実際に日本で販売されている育毛剤のなかで発毛効果が最も期待できる育毛剤だと思います。

 

しかし、一方で別の問題もあります。それが副作用発現率の高さです。厚生労働省が公式サイトで公表しているリアップX5のリスク調査の報告結果によると、症例数3072例のうち報告された副作用の件数は271件で副作用発現率は8.82%となっています。

 

つまり、医薬品育毛剤は育毛・発毛効果が高い反面、副作用の発現率もかなり高くリスクが大きいといえます。一方、医薬部外品であるチャップアップには医薬品育毛剤ほどの効果は期待できないものの副作用の心配も一切ないので安心して使用することが出来ます。

 

髪の毛が少なくなり、地肌が完全に見えてしまっている重度の薄毛の方には副作用のリスクを覚悟したうえで医薬品育毛剤による薄毛の治療をしてもいいかもしれませんが、初期の薄毛や薄毛予防をしたい人には医薬品育毛剤はリスクが大きすぎるため、医薬部外品であるチャップアップのほうが良いと思います。

 

では、医薬品のような副作用の心配がないチャップアップには、どのような有効成分が配合されているのでしょうか?